人の仕組み

自分をマネジメント~朝起きてコップ一杯の白湯がもたらすもの~

おはようございます、yuukiです。
管理者になると特に自分自身のマネジメントは重要だと実感します。
最大限パフォーマンスを発揮する自分でいることは、自分だけでなくチームの時間生産性もあげていきます。

そこで簡単に出来ること、それが朝のルーティンの見直しです。
どんな気分で一日をスタートさせるのか? それで以前、光で目覚める目覚まし時計の記事を書きましたが
今日は「朝起きたらコップ一杯の白湯」
よく聞くことですし、なんだそんなこと、と思いますが、シンプルだから継続可能ですし
一度、一週間やってみる価値はきっとありますよ。

案内人yuuki

ちょっとした新しい習慣を加えることも、コンフォートゾーンを出てみる一つだと思って☆彡

私たちの体の60%は水。夜間は脱水症状が進んでいます。
水は自律神経にも影響が大きく、水によって腸が刺激されることで副交感神経が優位になり、自律神経が整えられます。
イライラしたときや、パニックになったときに水を飲むと、落ち着いて冷静さを取り戻すのは、こういう背景があります。

また、いわゆる腸活。寝ている間にオフになっている胃腸のスイッチをオンして、食事を受け入れる準備をすることもできます。
腸のぜん動運動を促進し、便秘の改善にも期待できます。

ただ寝ている間には、口腔内に雑菌が繁殖しているので、それを最初に軽くうがいで洗い流してから
白湯もしくは胃腸に優しい常温の水を飲んでみてくださいね。

そこにレモンを入れると、クエン酸の吸収でさらにいいと言われています。

出来ることからまず一歩、前進させて取り入れてみてはいかがでしょうか。
私はレモンを入れることは、年に数回しかなく、まず一杯の白湯を飲むことを習慣にしています。

さて月曜日、チームにも自分にも、思いやりをもったマネジメントで素敵な一週間を。

yuuki

-人の仕組み