人の仕組み

自律神経ってなに?

こんにちは、yuukiです。
ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

本日は、ビジネスにも人生にも知っておくとインパクトが高い「自律神経」について
とっても簡潔に書いてみます。

【自律神経とは】
◆交感神経と副交感神経に分けられ「自分の意思ではコントロールできない」神経
◆体内の機能を維持するために、寝ている間も起きている間も「休むことなくずっと」働き続けている神経
◆体内を巡る「血流をコントロール」している神経
◆気分や気持ちといった「心の状態」が大いに関係する神経 です。


興奮していると交感神経が優位で、
リラックスしていると副交感系神経が優位、など聞いたことがある方も多いと思います。

大勢の人前で話す、失敗してはならない場面の前、怒りや恐怖など、ドキドキして心が乱れると
呼吸が浅くなったり、食事はのどを通らず、脳はテンパり、焦りが増したり、手が冷えたり…
それは自律神経のバランスが崩れ、血流が悪くなったサインです。

それが続くと、イライラしたり、集中力どころかやる気も出ず、疲労感や不眠
そして、胃腸は肌にも悪影響。

私は整体にいくと
「交感神経が高く副交感神経が低い状態が多いと思うので、意識してリラックスしてください」
と、よく言われていましたが、頭痛や肩こりや腰痛やむくみにも関係しています。

交感神経でアクティブに過ごすことができ、副交感神経で休息できるからこそ、また活動ができるわけで
24時間、どちらかが必ず優位になっていますが大事なのはバランスです。
それが過剰に優位になるとバランスを崩して不調になるので
1:1のバランスで、どちらも高い状態を目指せればいいですね!!

なぜ、自律神経の最低限だけでも知っておくとインパクトが高いのか。
それは、部下や人の強みを活かすのと同じで
私たちがもともと持っている体の機能を自分で活かしてあげると
より簡単に有効的に、自分の日常に活かせるからです。

案内人yuuki

自律神経は、24時間稼働し続けている「自分の意思ではコントロールできない神経」だからこそ
どういうものが知っておくと、自分に必要な選択と対策がとれちゃうわけですね


自分の意思でコントしてロールできないことは、世の中たくさんありますが
予め対策や対処方法を知っておけば、自分に優しい選択が導けます。

仕事や普段のリスクマネジメントと同じで、「想定外」や「まさか」を少なくして
状況に振り回されないことで、自分で対処可能な範囲を増やしていけばいい。
これまでの人生経験で得た、自分に優しくなる学びのひとつです。

自律神経のバランスを整える対処と戦略は、一つの大きな軸ですので
今後アップしていきます。
ご覧いただき、ありがとうございました。

素敵な一日をお過ごしください。

2022.2.12 yuuki


-人の仕組み