コラム他

褒めからどんな変化がうまれるか


こんばんは、yuukiです。
ブログにお越しいただきありがとうございます。

普段から褒めることは多いのですが、褒めについてのいい影響はいろんな文献でも目にします。
そこで、自分の「褒めスキル」を向上させて、チームにどんなポジティブな影響の変化が起こるのか、
明日から実験することにしました。

きっかけは、先日、部下が昇格チャンスを辞退することになったこと。
彼女が何をやりたいかと考えたところ、人を育てることやマネジメントよりも
自分が第一線でプレイヤーとして輝いて、お客様に喜んでほしい、と。

チャレンジを恐れていたり、自信がないのであれば、背中を押そうと思っていましたが
どうやら、そうではなさそうでしたので、彼女の選択を尊重し理解しました。

自分の力を発揮する範囲が大きくなればなるほど、
同時に責任も大きくなるけれどその分、喜びはもっともっと増えることを
経験して欲しかったなという気持ちもあります。

リーダーになると、自分ひとりで感じる喜びよりも
誰かと共にある喜びばかりだとわたしは感じています。むしろそれしかない。
目の前の顧客とだけでなく、部下やチーム、社内の別部署や取引先など、
喜びを分かち合う範囲も人は、広く大きい。
自分の戦略次第で、たくさんの喜びを生み出すことができるのです。

こんなに楽しいマネジメントの喜びを、わたしがあまり発信できていなかったのかな?
彼女は、チームで達成する喜びや、後輩を育成し成長する喜びを
あまり体感できていなくて、知らないのかもしれないな。

そこに気付けて、さあ何をする?と考え巡って、結果、これに至りました。
一か月では足りないと思うので、まず50daysの実践でまたご報告いたします。

ピグマリオン効果、ラベリング効果…etc
こういう実験って、ワクワクするし、楽しいなと思います。
やってみないと分からない、やってみれば分かる。実験という言葉も好きです。

もし興味が湧いた方、一緒に「褒める」に特化したリアル実験してみませんか?
もちろん、大げさや嘘は言いません。褒められたら嬉しいし、やる気も出ますしね。

そして自分への褒めや労わりも、ちょっと加えてみるのも、照れるけど
いい効果を生むかもしれない。この実験も同時にやってみます :)

みなさまも、日々何かいろんな取り組みやチャレンジをされていることと思います。
共に、明日が今日よりもいい一日となりますように☆彡

yuuki


-コラム他