リーダーシップ

adidasとvisionのお話

おはようございます、yuukiです。
今は日曜日の朝、ヨガやランニングやジムで過ごす方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、今日はスポーツブランドとして知られるアディダスのお話。

もともとのビジョンは「ナイキに勝つ」であり、全く飛躍しなかった。

そこに新しいリーダーがやってきて
「ナイキに勝つのではなく、アスリートを成功させるのが私たちのビジョンなんだ」
とヴィジョンを変えたことによって、
組織が大きく飛躍したそうです。

リーダーのビジョン、チームや組織の方向性をどこに向けるのか?
方向性を示すことは大事だと改めて気付きます。

私とチームは、どこに向かっているだろう?
今月はどこに向かう? 今週はどこに向かう?

私の企業はビジョンは素晴らしく、しかし人によっては大きく
具体的にどんな行動をしたらいいか分からない。
そんな時は、一歩踏み出せるようなスモールステップのサポートが必要です。

具体的にビジョンが実現するとは、どういうことなのか?
思い描いてもらう時間をとることもいいかもしれません。
ビジョンに向かって、自分のチームのひとりひとりが動き出せるように。

みなが同じ方向に向かって進む力は、大きいビジョンも達成しますね。
日曜日、自分の人生のビジョンなんてことも見直してみようと思う
adidasのお話でしたが、いかがでしたでしょうか。

素敵な一日をお過ごしください。

yuuki

-リーダーシップ